日常で使えるOCRアプリを作成してみた。

GooglePlay
OCRトレーステキスト – 指でなぞって文字認識

名刺のアドレスや、キャンペーンの番号とかとか、ふと文字を書き写す必要があるんだけど、打ち間違えがあったりする。

簡単にスマホに文字を取り込めないかなーと考えて、このアプリを作成。

OCRエンジンとしては、HPが1995年まで開発していたが、現在はGoogleがそれを引き継いで公開しているTesseract-OCRを利用している。
Google DocでOCRという選択もあったが、オフラインの方が良いのでTesseractに決めた。

カメラ撮影から、文字認識までをスムーズにするために最小限の操作にしている。

■操作
アプリ起動⇒カメラで撮影⇒文字部分を指でなぞる⇒OCR文字認識

他アプリからの共有で画像を送ることもできるようにした。
その場合の操作は、下のようになる。

画像共有⇒文字部分を指でなぞる⇒OCR文字認識

文字認識の際には画像を白黒画像にするのだが、画像の明るさによっては、うまく白黒画像にできず文字認識ができなくなる。
どのような白黒画像で処理しているかが分かるように、文字認識時に白黒画像を差し込むようにしてみた。

今後も機能追加していくが、
『手軽にスムーズに』を目標に機能改善していく予定。